<< 気ままに夕日を追いかけていたら     来てよかった >>