<< ようやく     久しぶりの病欠 >>